パ・リーグ インサイト

【試合戦評】吉田正選手が勝ち越し打。救援陣の好投も光り、オリックスがカード初戦をものにする

「パ・リーグ インサイト」編集部

楽天とオリックスが相対する今日からの3連戦。引き分けを挟んだ連敗を10で止め、北海道日本ハムに2連勝して本拠地へと戻ってきた楽天は、岸投手が先発する。先週の福岡ソフトバンク戦では悔しい完投負けを喫するなど、7月19日以降勝ち星に恵まれていないが、その間も安定した投球を披露しており、決して調子は悪くない。埼玉西武との熾烈な2位争いに向けても、今日は右腕に久々の白星をつけたいところだ。

対するオリックスは、本拠地で福岡ソフトバンクに連敗して迎える一戦。先発のディクソン投手は、直近3連敗中とこちらも勝ち星に恵まれていない。前回の登板では3回途中5失点と乱れ、先発の役割を果たせなかっただけに、今日の試合ではチームに勝ちを呼び込む投球を見せたい。

試合が動いたのは3回表。ここまで2イニングスで5奪三振と圧巻の投球を見せていた岸投手に対し、まずは先頭の安達選手が安打で出塁する。続く山崎選手がきっちりと犠打を決め、1死2塁と先制の好機を作ると、1番・西野選手が中前へ適時打を放ち、オリックスが先制点を奪った。

1点を追う展開となった楽天は、4回裏に反撃を見せる。1死から4番・ペゲーロ選手が四球を選ぶと、続く銀次選手が左前打でつなぎ、得点圏に走者を進める。6番・ウィーラー選手が打ち取られて2死となるものの、1,3塁から7番・アマダー選手が適時二塁打を放ち、楽天がすぐさま同点に追い付いた。

3回の失点以降は次第にペースを取り戻した岸投手。早くも6回に10個目の三振を奪うなど圧巻の投球を続け、オリックスに追加点を許さない。一方のディクソン投手は低めに変化球を集めて5イニングス1失点、加えて奪三振は0個と徹底して打たせて取る投球を披露。6回を終えてスコアは1対1のまま、試合は終盤の攻防へと突入していった。

均衡が破れたのは7回表。1死から1番・西野選手が三塁打を放つと、2死3塁から3番・吉田正選手と、4番・ロメロ選手に連続適時打が飛び出し、これでスコアは3対1。オリックスが勝ち越しに成功する。

再びビハインドとなった楽天は、7回裏、先頭のアマダー選手が敵失で出塁すると、8番・嶋選手が四球で続いて、無死1,2塁となる。9番・オコエ選手が倒れるも、1番・島内選手が四球を選び、1死満塁の好機を作る。2番・藤田選手の二ゴロの間に1点を返し、なおも2死2,3塁と一打逆転の場面だったが、3番・岡島選手は三振に倒れ、反撃は1点にとどまった。

すると直後の8回表、オリックスは2番手・ハーマン投手から、8番・安達選手が安打で出塁すると、途中出場の9番・伊藤選手が右翼線へ適時三塁打を放つ。下位打線の連打で、追加点を挙げることに成功した。

8回裏は近藤投手が無失点に抑え、迎えた9回裏、オリックスは守護神・平野投手をマウンドに送り込む。1死から9番・オコエ選手に安打、1番・島内選手に四球を許し、1死1,2塁とピンチを背負ったものの、最後は2番・藤田選手を併殺に仕留め、試合終了。オリックスが4対2で勝利を収めた。

7回、8回と終盤に得点を重ね、救援陣でリードを守り切ったオリックスが、3連戦の初戦に勝利。6回の1イニングを完璧に抑えた金田投手が今季3勝目を挙げた。連勝、そしてカード勝ち越しを狙う明日は、山岡投手が先発する。

一方の楽天は、7回を投げて10安打を浴びながらも3失点、14奪三振という岸投手の好投を白星に結び付けられず。オリックス投手陣の前に打線が散発5安打に抑えられ、カード初戦を取ることはできなかった。カード負け越しを避けるためにも、明日は今季オリックスから4勝を挙げている辛島投手の投球に期待したい。

戻る