パ・リーグ インサイト

【試合戦評】中村晃選手が2試合連続の決勝弾。福岡ソフトバンクが日本シリーズ進出に王手

「パ・リーグ インサイト」編集部

昨日の試合では、王者・福岡ソフトバンクが競り勝ち、「2017 ローソンチケット クライマックスシリーズ パ」ファイナルステージの勝敗を2勝2敗の五分に戻した(アドバンテージを含む)。日本シリーズ進出に向けてどちらかが王手をかける今日の試合では、福岡ソフトバンクはバンデンハーク投手に先発マウンドを託す。対する楽天の先発は岸投手だ。ファーストステージ第2戦のように、今日もチームを救う投球を見せてくれるか。期待がかかる。

初回、両投手とも相手打線を3者凡退に抑え、上々の立ち上がりを見せた。

試合が動いたのは2回裏。先頭の内川選手が右前打で出塁すると、続く中村晃選手がきっちりと犠打を決める。2死2塁となったところで、7番・長谷川勇選手が先制の適時二塁打。福岡ソフトバンクが、4試合目で初の先制点を奪った。

さらに3回裏。2死から3番・デスパイネ選手が左翼席へソロを叩き込み、1点追加。福岡ソフトバンクがスコアを2対0とし、リードを広げる。

しかし4回表、楽天が反撃を開始。先頭の銀次選手が「しっかりと仕留めることができました」と淡々と振り返るソロで1点を返すと、続くウィーラー選手の四球、5番・島内選手の犠打、6番・アマダ―選手の犠飛で、2死3塁と好機を作る。さらに7番・聖澤選手が粘って四球を選び、2死1,3塁とすると、8番・岡島選手の打席で福岡ソフトバンクバッテリーがパスボール。楽天がすぐさま追い付き、5回表には2死から連続四球を選ぶと、続くウィーラー選手が勝ち越しの適時二塁打。スコアを3対2とし、リードを握ることに成功する。

しかし、楽天が1点をリードする6回裏、再び試合が動く。先頭の内川選手が2番手の宋投手から4試合連続となるソロを放ち同点とすると、続く中村晃選手も2日連続の勝ち越し本塁打。この回、2者連続弾で福岡ソフトバンクが逆転に成功した。

その後、リードを握った福岡ソフトバンクは、盤石の継投で楽天打線の反撃を許さず。8回途中からはサファテ投手がマウンドに上がり、最終回を締めくくった。試合はそのまま4対3で福岡ソフトバンクが勝利。王者の意地を見せた福岡ソフトバンクが、クライマックスファイナルステージ第4戦を制し、日本シリーズ進出に王手をかけた。

戻る